-

バークレイズ証券、こども定期演奏会2024年シーズン「音楽は時代に乗って」に特別協賛

日本における文化芸術分野でのスポンサーシップ活動の一環として

2024年2月16日

バークレイズ証券株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:木曽 健太郎)は、東京交響楽団およびサントリーホールが主催し、2024年4月7日(日)から4回にわたって開催される、「こども定期演奏会2024年シーズン『音楽は時代に乗って』」に特別協賛いたします。

バークレイズ証券、馬場直彦氏をチーフ・エコノミスト兼調査部長に任命

2024年1月4日

バークレイズ証券株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:木曽 健太郎)は、2024年1月1日付で、チーフ・エコノミスト、および調査部長として馬場 直彦(ばば なおひこ)氏を採用しましたので、お知らせいたします。

バークレイズ証券、15件目の再生可能エネルギープロジェクトボンドを新組成

プロジェクトボンドを追加発行できる仕組みを採用、引き続き日本のグリーンファイナンス市場拡大に貢献

2023年8月31日

バークレイズ証券株式会社は本日、リニューアブル・ジャパン株式会社により管理・運営される全国15都道府県に分散された24の太陽光発電所のポートフォリオを裏付とした178.3億円の再生可能エネルギープロジェクトボンドを新たに組成しました。

バークレイズ、山田 彰彦氏を日本の投資銀行部門 テクノロジー・メディア・テレコム(TMT)セクター統括責任者に任命

日本における投資銀行部門強化の一環

2023年7月3日

バークレイズ証券株式会社は、2023年7月1日付で、投資銀行部門テクノロジー・メディア・テレコム(TMT)セクター統括責任者 兼 マネージング・ディレクターとして山田 彰彦(やまだ あきひこ)氏を採用しましたので、お知らせいたします。

バークレイズ証券、中米経済統合銀行が発行する世界初の「スポーツボンド」をアレンジ

2023年5月26日

バークレイズ証券株式会社はこのたび、中米経済統合銀行(Central American Bank for Economic Integration: CABEI)による世界初の「スポーツボンド」の発行におけるアレンジャーを務めました。アスリート教育や施設の拡充を通じて中米地域におけるスポーツの発展を支援することを目的に発行されるこの「スポーツボンド」は、明治安田生命保険相互会社が発行総額1億豪ドル(約91億円)を単独で購入しました。

バークレイズ証券、2つの車いすラグビーチームとのスポンサーシップ契約を更新

2023年4月17日

バークレイズ証券株式会社はこのたび、一般社団法人日本車いすラグビー連盟(JWRF)加盟の国内クラブチームである「TOHOKU STORMERS (東北ストーマーズ)」と「BLITZ(ブリッツ)」とのスポンサーシップ契約を更新しましたのでお知らせいたします。2023年4月からの3年間にわたり、引き続き両チームをサポートします。スポンサーシップ契約の協賛金は、チームウェアや備品等の購入費、遠征費など、両チームのクラブ運営全般に活用されます。

バークレイズについて

私たちのビジョンは、英国を中心としたグローバル金融のリーダーになることです。私たちは、英国において消費者向け銀行業務、企業向け銀行業務、およびウェルス&プライベートバンキング業務のフランチャイズを包括的に展開する多角的な銀行であり、世界有数の投資銀行であり、強固で専門性の高い米国の消費者銀行です。私たちはこれら5つの部門を通じ、お客様と地域社会のより良い財政的未来のために一丸となって努力しています。

バークレイズについての詳細は、当社のウェブサイトhome.barclaysをご覧ください。

ビデオ:Barclays - A British Champion

330年にわたり世界各国でお客様をサポートしているバークレイズ。その歴史を、短い映像でご覧ください。

当社の行動規範 - 顧客本位の業務運営に関する原則の観点から

当社の行動規範 - The Barclays Way

注意事項

注意事項

最近、当社グループと全く関係のない者が海外拠点のバークレイズ社員を名乗るなどし、実在しない取引や送金等に関する電子メールを送付する事例が報告されています。

バークレイズ・インデックス

バークレイズ・インデックス

証券取引等監視委員会

証券取引等監視委員会