-

バークレイズ証券、海老原慎司がシニア債券ストラテジストに就任

2019年4月15日

バークレイズ証券株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:木曽健太郎)では、4月1日付で海老原慎司(えびはら しんじ)が入社し、シニア債券ストラテジストに就任しました。海老原は今後、チーフ為替ストラテジストの門田真一郎(かどた しんいちろう)らと共にマクロリサーチ業務に従事します。

バークレイズ証券、3件目の再生可能エネルギープロジェクトボンドを組成

2019年2月22日

プロジェクトファイナンス形式のグリーンボンドで国内最大規模

バークレイズ証券株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:木曽 健太郎)は2月22日、北海道登別市の太陽光発電事業プロジェクトに対する再生可能エネルギープロジェクトボンドを組成します。2017年8月、2018年4月に発行したプロジェクトボンドに次いで当社として3件目となる本案件は、リニューアブル・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:眞邉 勝仁)をスポンサーとし、北海道登別市で開発・建設中の太陽光発電事業に対するプロジェクトファイナンスローンを裏付とした信託受益権です。

バークレイズ・ピーエルシー2018年度決算報告書

2019年3月1日

バークレイズ・ピーエルシーは2019年2月21日、2018年度決算報告書を発表しました。

バークレイズ、世界銀行の「サステナブル・ディベロップメント・ボンド」発行をアレンジ

2019年1月9日

海洋保護と人々の水と衛生へのアクセスの促進に貢献

バークレイズ証券株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:木曽 健太郎)はこのたび、世界銀行(国際復興開発銀行、通称IBRD:International Bank for Reconstruction and Development)による「サステナブル・ディベロップメント・ボンド(世銀債)」の発行においてアレンジャーを務めました。このサステナブル・ディベロップメント・ボンドは期間3年のメキシコペソ建て債券(発行額: 5億2,500万メキシコペソ、約2,700万米ドル相当)で、主に日本国内の個人投資家向けに、岡三証券株式会社を通じて2019年1月4日から1月30日まで販売されます。

バークレイズ、日本初となる三井住友銀行発行カバードボンドのプログラム・アレンジャーおよび共同主幹事を務める

バークレイズ、日本初となる三井住友銀行発行カバードボンドのプログラム・アレンジャーおよび共同主幹事を務める

2018年11月14日

バークレイズ証券株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:木曽 健太郎)はこのたび、株式会社三井住友銀行(頭取CEO:高島 誠、以下「三井住友銀行」)が設定したカバードボンドプログラムのアレンジャーおよび2018年10月30日(ロンドン時間)に起債したユーロ建てカバードボンドの共同主幹事を務めました。本案件は日本初となるカバードボンドであり、中央銀行、公的機関を含む欧州の主要な投資家が数多く参加しています。

バークレイズについて

バークレイズは、英国および米国を主要拠点とし、個人および法人向け銀行業務、投資銀行業務、クレジットカード、資産管理業務等を提供する金融機関です。

325年以上の歴史と銀行としての専門性を備えたバークレイズは、世界40カ国以上に約8万人の従業員を擁し、世界中のお客様に為替、融資、投資、資産管理に関わるサービスを提供しています。

より詳細な情報はグループのウェブサイト home.barclays をご覧ください。

当社の行動規範 - 顧客本位の業務運営に関する原則の観点から

当社の行動規範 - 顧客本位の業務運営に関する原則の観点から

バークレイズは、英国に本拠を置く金融機関で、多様な金融業務をグローバルに展開しています。

注意事項

注意事項

最近、バークレイズのグループ会社を装い、当社グループと全く関係のない 者が、取引を勧誘したり、実在しない取引や送金等に関する電子メールを送 付する事例が報告されています。

バークレイズ・インデックス

バークレイズ・インデックス

証券取引等監視委員会

証券取引等監視委員会